中国韓国北朝鮮反日捏造台湾ベトナムフィリピンインド国際情勢国内政治経済軍事安保海外派兵憲法改正?ニュース旬な話題を厳選!2ちゃんねるまとめあさって通信

広告募集中

【 News Headline 】
【 Pickup News 】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・関連記事・

【メタンハイドレート】 資源大国への挑戦! 採掘実現に向けて課題は生産コスト…日本が無尽蔵の地下資源を手にする日【エネルギー利権】

コメント(0)

1 :わいせつ部隊所属φ ★ 2013/06/05(水) 09:21:15.09 ID:???0

“第四の資源”メタンハイドレートが日本で大量産出される?
週プレNEWS 6月4日(火)20時10分配信


資源が少ないといわれる日本だが、近年の調査・研究で大きな可能性が広がってきている。
そのひとつが“燃える氷”メタンハイドレートだ。石油、石炭、天然ガスに次ぐ“第四の資源”の大量産出は、決して夢物語ではない!

■世界で初めてガスの洋上採取に成功

メタンハイドレートとは何か。長らくその探査・研究に携わってきた独立総合研究所の水産学博士、青山千春氏がこう話す。

「海底にあるメタンと水で構成された塊で、見た目は氷のようですが、火を近づけると燃えだすので“燃える氷”といわれます。
天然ガスの主成分メタンを大量に含み、1立法メートルのメタンハイドレートから、
その160~170倍のメタンガスを取り出せるのでガス資源としてポテンシャルが高く、石油、石炭、天然ガスに次ぐ“第四の埋蔵資源”として期待されています」

今年3月、愛知県の80km沖合で、そのメタンハイドレートからガスを取り出す実験に、洋上では日本が世界で初めて成功した。

「その地点では水深1000mの海底の300m下にメタンハイドレートの層がありました。
まず海底を掘り、次に船から長さ1300mのパイプを海底に突き刺す。
そのまま海底下で圧力を下げて水とガスに分解し、ガスだけを船上に吸い上げる。
世界的にも前例のない減圧法と呼ばれる手法でガスの採取に成功しました」(青山氏)

実験に使われた探査船「ちきゅう」号の船尾から噴き出る炎は日本の明るい未来を象徴していた。

「日本が資源を買う国から、資源を持つ国に変わる可能性があることを世界に知らしめるきっかけにもなりました」(青山氏)

この話は決して夢物語ではない。


(つづく)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130604-00000527-playboyz-soci

以下、2ちゃんねるの反応 >>>

スポンサーサイト

・関連記事・

area-E

広告募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。