中国韓国北朝鮮反日捏造台湾ベトナムフィリピンインド国際情勢国内政治経済軍事安保海外派兵憲法改正?ニュース旬な話題を厳選!2ちゃんねるまとめあさって通信

広告募集中

【 News Headline 】
【 Pickup News 】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・関連記事・

【国際】日台漁業取り決めが国防上の危機を招く: 中台漁業団体が尖閣海域覚書 台湾側、中国と漁業協力模索

コメント(3)

1 :再チャレンジホテルφ ★ 2013/06/14(金) 21:26:24.12 ID:???0

【台北=吉村剛史】昨年9月に尖閣諸島(沖縄県石垣市)に抗議漁船団を出した台湾・宜蘭県の蘇澳区漁会(漁協)が今月、中国浙江省温嶺市の漁業団体と民間覚書を交わした。
今後、同海域での操業トラブル発生時や海難救助の際は、双方の漁業者が当局を介さずに直接協力し合う。
5月10日の日台漁業取り決め施行から約1カ月。
尖閣周辺で操業範囲の拡大に成功した台湾側は今度は、同海域で中国との漁業者主体の漁業協力を模索している。

 温嶺市は東シナ海に面し、沖縄、台湾と向かい合う。
蘇澳区漁会によると、温嶺市の各漁業団体代表者や中国国務院の台湾事務弁公室代表者ら計14人が今月4日、蘇澳区漁会を訪れ、覚書に署名した。

 温嶺市と台湾の漁船は尖閣沖で常時遭遇し、過去には中国側による台湾漁船の拿捕(だほ)も起きている。
今回、中国側と覚書に署名した蘇澳区漁会の陳春生理事長は、「漁業上の問題を排除するのは漁会の責任」「あくまで緊急時の対応が主眼」と説明している。

 台湾の馬英九総統も5月上旬、「(日台漁業取り決めは)大陸(中国)との交流に影響しない。大陸が漁業協議を望むなら歓迎する」と明言している。



2013.6.13 01:16
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130613/chn13061301180000-n1.htm


2 :再チャレンジホテルφ ★ 2013/06/14(金) 21:26:33.52 ID:???0

 一方、日台漁業取り決めにより、尖閣での「中台連携」にくさびを打ち込まれた格好の中国側も、同海域での漁業者レベルによる台湾との関係維持を重要と考えたようだ。
同漁会幹部は「(覚書は)温嶺市側が強く望んだものだった」と証言する。

 日台間では、取り決め締結後の操業ルール作りをめぐり、「操業先行」を主張する台湾と、「ルール策定が先決」とする日本の意見が合わず足踏み状態が続く。
台湾側は「双方の漁業委による次回会議はマグロ漁期が終わる7、8月ごろ」(同漁会)とみている。

 また、台湾の南方海域で5月、フィリピン沿岸警備隊の銃撃により台湾漁船の船員が死亡した事件をめぐっても、台湾側は関係が悪化する比側に漁業協議を呼びかけている。
馬総統は今月11日、「話し合いは進行中で、歩み寄りの最終段階にある」と明らかにした。

2013.6.13 01:16
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130613/chn13061301180000-n2.htm

以下、2ちゃんねるの反応 >>>

スポンサーサイト

・関連記事・

【自動車】製造業国内回帰の流れに思わずほっこり:トヨタ社長、株主総会で「日本のものづくりを守る」と強調

コメント(0)

1 :きのこ記者φ ★ 2013/06/15(土) 17:14:05.00 ID:???



トヨタ自動車は14日、愛知県豊田市の本社で株主総会を開いた。

豊田章男社長は冒頭、連結営業利益が5年ぶりに1兆円を超えた2013年3月期を振り返り、「持続的成長のスタートラインに立っただけ。
再び危機が起きても、着実に収益を上げられるよう真の競争力を追求していく」と述べ、一層の競争力強化に取り組む姿勢を強調した。

豊田社長は「09年の社長就任以来、多くの困難に直面したが、貴重な経験を積み、多くを学んだ」と力説した。
株主から競争力の強化について問われ、「労働力が安い地域で生産すれば良いと勘違いしていた」と振り返った。

その上で「(コストが高くなっても)生産性を10倍に上げて、日本のものづくりを守っていく」と強調し、国内生産300万台の体制を維持する考えを強調した。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130614-OYT1T01126.htm


以下、2ちゃんねるの反応 >>>

・関連記事・

【経済】財閥群=韓国の構造と粉飾の末路は: サムスン株急落、わずか1週間で時価総額22兆ウォンが吹き飛んだ 海外投資家の「売り」が続いている

コメント(0)

1 :アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/06/14(金) 01:20:46.76 ID:???0

サムスン株急落、わずか1週間で時価総額22兆ウォンが吹き飛んだ

ソウル株式市場で、最高値をうかがっていたサムスン電子株が急降下している。
なにしろ時価総額で、韓国の上場企業全体の20%を占める巨人企業の株価急落に、総合株価指数(KOSPI)もつれて下落。市場は混乱に陥った。

きっかけは、JPモルガン証券のレポート

サムスン電子株が急落したのは2013年6月7日。
終値で、前日比9万4000ウォン(6.18%)下げて142万7000ウォンだった。
下落幅は、2012年8月に米アップルとの知的財産権訴訟で負けたときの7.5%に次ぐ大きさとなった。

きっかけは、この日明らかになった米証券大手のJPモルガンによる投資家向けリポート。
朝鮮日報日本語版は 6月10日の社説で、「外資証券のリポートだけで混乱した韓国株」と報じた。

JPモルガンはリポートで、サムスン電子が販売する主力スマートフォンの「ギャラクシーS4」の販売台数が予想を下回るとし、目標株価を当初の201万ウォンから190万ウォンに引き下げ、
「今年第3四半期(7‐9月)からは業績が後退局面に入る」と予測した。

J-CASTニュース 2013/6/13 19:23
http://www.j-cast.com/2013/06/13177254.html

>>2以降へ続きます。

2 :アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/06/14(金) 01:21:06.80 ID:???0

*続きです。


2012年のサムスングループ全体の営業利益は39兆ウォンで、このうち携帯電話事業の利益は約半分の19兆ウォンを占める。
そのため、「外資系証券会社が一気にサムスン電子株を売り浴びせた」(朝鮮日報)と指摘する。

週明けの10日は2000ウォン(0.1%)安の142万5000ウォンと、少し落ち着いたかにみえたが、翌11日には3万6000ウォン(2.5%)安の138万9000ウォンと、140万ウォンを割ったのは1月28日以来のこと。

11日の終値ベースの時価総額は204兆5980億ウォンで、6月4日の終値ベースと比べると、わずか1週間で時価総額が22兆ウォン超も吹き飛んだことになる。

さらに、12日は前日比4000ウォン(0.3%)安の138万5000ウォン。
13日は再び下げ幅を広げて、2万8000ウォン(2.02%)安の135万7000ウォンで、5日続落した。
海外投資家の「売り」が続いているようだ。

*続きます。


3 :アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/06/14(金) 01:21:23.51 ID:???0

*続きです。

海外投資家、ソウル株式市場を「牛耳る」?

「外資系証券会社が発表したリポートを無条件で信じる韓国国内の投資家が多いことをあらためて確認された」
――。サムスン株の急落を、朝鮮日報はそう報じている。

1997年のアジア通貨危機当時も、香港のある証券会社の「韓国から今すぐ引き揚げろ」というリポートが事態を悪化させたとし、
今回も「たった1本のリポートで外国人投資家が韓国株を一斉に売ると、韓国内の大口投資家も相次いで売り注文を浴びせた」と、海外投資家がソウル株式市場を「牛耳る」状況を憂いた。

一方、日本経済新聞(2013年6月12日付)は「サムスン株急落、市場が警戒する『成長神話』の陰り」の見出しで、主力の「ギャラクシーS4」の停滞が「サムスン全体の成長鈍化の懸念につながっている」と分析した。

市場で動揺が広がったのは、「アップル株安の残像が投資家のあいだで根強いのが大きい」とみており、利益成長の鈍化懸念や「iPhone5」の売れ行き不振の観測から、2012年後半から失速したアップル株と同様に、「ギャラクシー」シリーズの製品寿命の短期化がサムスンの成長を弱めるとの見方だ。

ただ、野村証券は「スマートフォン事業に対する市場の懸念(サムスン株の急落)は行き過ぎ」とも指摘している。

*おわり。


以下、2ちゃんねるの反応 >>>

・関連記事・

【経済】減速する世界経済、強すぎる円、日銀緩和が追いつかない!: 日銀・黒田総裁は市場を見守るのみ

コメント(0)

1 :そーきそばΦ ★ 2013/06/13(木) 14:25:00.07 ID:???0



日銀の黒田東彦総裁は13日、安倍晋三首相と昼食を共にして会談するため、首相官邸を訪れた。
黒田総裁は会談前、一部記者団に対し「主要国首脳会議(サミット)前に内外の経済情勢について一般的な意見交換をする」と述べた。

 終了後、「(株安・円高が進んでいる)金融市場動向などについても意見交換した」と語った。
黒田総裁は「実体経済の前向きな動きを反映し、市場も落ち着いてくる(と首相に話した)」ことも明らかにした。

 黒田総裁が3月20日に就任後、個別に首相と会談するのは事実上初めてとみられる。 

時事通信 6月13日(木)13時48分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130613-00000100-jij-pol


以下、2ちゃんねるの反応 >>>

・関連記事・

【経済】外資に牛耳られた財閥による経済支配 --輸出依存の韓国経済 世界経済減速で成長モデル崩壊し苦境に

コメント(0)

1 :わいせつ部隊所属φ ★ 2013/06/10(月) 20:24:11.32 ID:???0

輸出依存の韓国経済 世界経済減速で成長モデル崩壊し苦境に
2013.06.10 16:00

 輸出依存度(純輸出のGDPに占める割合)が50%を超える韓国経済は、アベノミクスによる円安・ウォン高で急速に傾いている。
政府高官が「円安は北朝鮮リスクよりも脅威」と口にするように、もはやギブアップ寸前だという。
日本総研上席主任研究員の向山英彦氏が解説する。
 * * *
 韓国では8四半期連続で実質GDP成長率(前期比)が1%を下回るなど、景気が低迷している。
今年1~3月期には、2012年に始まった減税効果の反動で消費がマイナスとなった。

 最近の問題は成長のエンジンである輸出の回復力が弱いことである。
中国を含む新興国の成長減速に、円安・ウォン高の影響が加わった。日本向けは前年水準を大幅に割り込んでいる。

 株価も低迷。今年に入って日経平均が高値更新を繰り返してきたのとは対照的に、韓国総合株価指数はいまだ昨年末の水準を下回っている。

 こうした窮状を韓国メディアは、「日本が通貨安戦争を仕掛けてきた!」
「急速なウォン高で韓国経済が大打撃を受ける」とアベノミクスを非難する論調で報じている。

 確かに直近の韓国経済の失速には円安・ウォン高が影響しているが、問題は為替だけではない。
好調に見えていた時期においても、韓国経済は構造的な問題を抱えていたのである。
それが、世界経済の低迷やアベノミクスなどの要因で顕在化しただけで、こうなることはある意味予想されたものであったというのが私の見方である。

 1997年の通貨危機後、韓国ではリストラなどの構造改革が加速。
非正規社員が増加したばかりでなく、絶えないリストラの中で40代で退職に追い込まれて自営業者に転じる正社員も珍しくなくなった。
所得や雇用環境が悪化する中、内需では成長が望めず、外需依存の体質が強まった。
そして【1】財閥グループによるグローバル展開、【2】輸出主導型の経済成長、【3】FTA(自由貿易協定)の締結や法人税減税などの政府支援、を軸とした「韓国型成長モデル」が形成された。
(つづく)
http://www.news-postseven.com/archives/20130610_192833.html




2 :わいせつ部隊所属φ ★ 2013/06/10(月) 20:24:24.29 ID:???0

 2000年代以降、サムスンに代表される財閥グループのグローバル展開を後押しすることで、経済全体を引っ張っていこうとしたわけであるが、この間に財閥グループへの経済力集中が進んだ。

 その結果、サムスンの輸出額は国全体の2割に上り、4大財閥(サムスン、現代自動車、LG、SK)の総売上高はGDPの半分を占めるまでになった。

 しかし、サムスンなどの躍進が世界でもて囃されている間も、財閥グループと縁のない大多数の国民の所得・雇用環境は改善されなかった。
彼らにしてみれば、韓国企業がいくら成長しても「それはどこの国の話?」と言いたくなるほど別世界だったのだ。

 多くの国民にとって財閥企業は「できれば自分の子供を就職させたい」という憧れの対象である一方、格差を拡大させた元凶として妬みや憎しみの対象になってきた。
そして、その構造が一変。
輸出に大きく依存した成長モデルが世界経済(特に中国)の景気減速によって崩れた。
構造的な脆弱性が露呈し、財閥企業さえも苦境に喘ぐこととなった。

 韓国経済を牽引してきた現代自動車の1~3月期の営業利益は前年同期比10.7%減に落ち込み、傘下の起亜自動車に至っては同35.1%減と業績が急激に悪化した。
これは米国での販売が伸び悩んだことに加え、やはりウォン高の影響が大きい。
現代自動車はBRICsを中心に現地生産しているが、日本企業と比較してグローバル化が遅れて国内生産比率が高い。
米国で販売される半数以上の車は韓国から輸出されているため、為替変動の影響を受けやすい体質だった。

 また、鉄鋼最大手のポスコは、中国の過剰生産の影響による鉄鋼価格の下落に直面している上に、造船や機械など顧客企業の不振が予想されるため、さらに厳しい状況に置かれている。

 比較的業績が安定しているように見えるのがサムスン電子だ。
稼ぎ頭のスマートフォンのベトナムでの生産比率を高めることにより為替変動の影響を受けにくくなっており、1~3月期決算も前年同期比で増収増益を確保。ただし、これも前四半期(2012年10~12月)と比べると若干の減益だった。
※SAPIO2013年7月号


以下、2ちゃんねるの反応 >>>

・関連記事・

次のページ >>
area-E

広告募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。