中国韓国北朝鮮反日捏造台湾ベトナムフィリピンインド国際情勢国内政治経済軍事安保海外派兵憲法改正?ニュース旬な話題を厳選!2ちゃんねるまとめあさって通信

広告募集中

【 News Headline 】
【 Pickup News 】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・関連記事・

【国際】 アメリカ社会というのは、日本以上の「超学歴社会」であり、学歴による「階級社会」

コメント(0)

1 :わいせつ部隊所属φ ★ 2013/06/05(水) 09:05:37.45 ID:???0


日本顔負け。アメリカの「超学歴社会」
東洋経済オンライン 6月5日(水)8時0分配信



アメリカは、ハーバード大などのアイビー・リーグを頂点とする、日本以上の学歴社会である(写真:Getty Images)?

日本人はどうやって日本人になるのだろうか? 
そんな誰もが意識したことがないことを、グローバル化という視点でとらえていくとどうなるだろうか? 
 21世紀のグローバル化が私たちに突きつけている問題は、国際標準語(英語)を話す国際人になることではない。
日本人という確固たるアイデンティティを持って、世界を舞台に活躍できる人材になることだ。

しかし残念ながら、日本で日本人の両親から生まれ、日本の教育を受けて育つと、真の日本人にならない。
一人娘をアメリカと中国の教育で育てたジャーナリストが、その経験を基に、日本人とは何かを問いかける。

■ アメリカは学歴による「階級社会」の国

【詳細画像または表】

 安倍政権は、成長戦略のひとつとして「教育改革」を掲げ、「海外でも働けるグローバル人材の育成」のために留学生の数を現在の6万人から倍の12万人にするとアピールしている。そのために今後は、奨学金を大幅に充実させていくという。

 そこで、今回から2回に分けて、娘をアメリカに留学させた親として、また、この「東洋経済オンライン」のメインテーマが「グローバルエリート」なので、日本ではあまり知られていないアメリカの高等教育(大学・大学院)の本質について書いてみたい。
(つづく)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130605-00014177-toyo-soci&p=1
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130605-00014177-toyo-soci&p=2
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130605-00014177-toyo-soci&p=3
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130605-00014177-toyo-soci&p=4
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130605-00014177-toyo-soci&p=5



2 :わいせつ部隊所属φ ★ 2013/06/05(水) 09:06:09.61 ID:???0


 というのは、単に「英語力をアップさせたい」、あるいは海外で「自分探しをしてみたい」などという考えで、安易に留学するケースが目立つからだ。
最近では、就活のための「箔付け」として留学する学生も増えている。
しかし、そういう意識からのアメリカ留学は、たいていは実を結ばない。
なぜなら、アメリカ社会というのは、日本以上の「超学歴社会」であり、学歴による「階級社会」だからだ。

 かつて日本が豊かだった時代は、娘をアメリカに留学させているというと、まるで遊びに行かせているように思われた。
特に女子学生の場合、「留学」というより「遊学」のイメージが強かった。
実際、日本の受験勉強に失敗した富裕層の子供たちが、アメリカの大学に留学するケースがしばしば見られた。
また、留学とは呼べない「語学留学」は、一般の留学とは比べられないほど多かった。

 そのせいか、「アメリカの大学は、入るのはやさしんですよね」とよく言われた。
しかし、それは4000校以上も大学があるアメリカでの下位校の話にすぎない。

 全米各地にあるコミュニティカレッジとか、誰でも入れる私立大学、レベルの低い州立大学とかの話で、アメリカのトップクラスの大学は「入るのも出るのも難しい」うえ、入ったら入ったで、レジャーランドの日本の大学とは大違いで、本当に猛烈に勉強しなければならない。

■ 学歴は階級を勝ち取る手段

 では、なぜ、アメリカは日本以上の「超学歴社会」なのだろうか? 

 まずは歴史的に考察してみたい。19世紀、新世界アメリカを旅したフランスの政治家トクヴィルは、著書『アメリカにおけるデモクラシー』の中でこう書いている。

 「民主主義国家ほど市民が取るに足らない存在である国はない」

 この言葉が意味するとろころは、誰もがひとかどの人物になるためには最大限の努力をする必要があるが、裏を返せば、誰一人として重要でないということだ。


4 :わいせつ部隊所属φ ★ 2013/06/05(水) 09:06:38.72 ID:???0


 これが、アメリカ社会の本質だ。王も貴族もいない市民だけの国だから、全員が社会の階段を上るゲームに参加する。
それがアメリカという国なのである。
こういった社会では「機会均等」(ゲームに参加する権利)が確保されれば、際限のない競争が続き、その結果、自分が所属する社会階層が決まることになっている。

 つまり、アメリカは競争による階級社会の国で、その階級は初めから存在するものではなく、勝ち取るものなのである。
この階級を勝ち取る手段として、能力と努力の結果得られる「学歴」が大きな決め手になる。

 ただ、学歴と言っても、それは日本人が言う学歴――つまり、どの大学を出たかということとは大きく違っている。
現在のアメリカでは、ただ大学を出ただけでは評価されず、どの大学やどの大学院で何の学位を取ったかが重要になる。
この点でも、アメリカのほうが日本よりいっそう熾烈な「学歴社会」と言えるだろう。

 このことを知らずに留学すると、世界中から集まった学生との競争に付いていけず、落ちこぼれになって帰国することになる。

■ はるかに充実した奨学金制度

 先日、朝日新聞に「アベノミクスによる円安で、海外留学をする学生たちが悲鳴を上げている」という記事が載った。
円安で留学費用が高騰して留学できなくなった学生や、生活費が高騰して困っている留学生が多いというのだ。

 確かに、アメリカの名門一流大学はほとんどが私立だから、授業料はべらぼうに高い。
しかも、大学は基本的に寮生活だから、その費用も含めると、年間で最低でも4万~5万ドル(400万~500万円)はかかる。
これでは、とてもではないが、日本の一般的な家庭の子供はアメリカの名門一流大学には行けないことになる。

 ところが、アメリカは日本よりはるかに奨学金制度が充実している。
国や州をはじめとして、大学独自のものから企業、機関、個人にいたるまで、それこそ何千種類もの奨学金があり、これをうまく利用すれば、学業成績などの条件をクリアすれば留学は可能だ。

 ハーバードなどの名門一流大学は、学業成績さえよければ、申請すればほとんどの学生に奨学金を出す。
留学生でも申請できる奨学金が数多くある。私の友人の一人は、ほぼ無一文で大学の寮に住み、学費もタダで卒業している。


6 :わいせつ部隊所属φ ★ 2013/06/05(水) 09:07:10.57 ID:???0


 私の従姉の息子もブラウン大学で奨学金をもらっていた。
それでも生活が苦しければ、大学側がアルバイトの面倒もみてくれ、たとえTA(ティーチング・アシスタント)をやらせてもらえば、ギャラが出るので、勉強しながら生活できるようになっている。

 学業が優秀でなくてももらえる奨学金もある。州立大学なら、州民なら誰でももらえる奨学金がある。
もちろん、これを留学生は利用できないが、卒業後に月極めで返すローン返済型なら、留学生でも申請できる。
安倍政権がつくる奨学金制度がどのようなものになるかはわからないが、まずは目指す大学の奨学金制度を十分に調べるべきだ。

■ アメリカの伝統的「エリート・コース」

 それでは、アメリカの学歴社会はどのような構造になっているのか、説明してみたい。
アメリカの大学といえば、一般の日本人がまず思い浮かべるのがハーバード大学であり、ハーバードを筆頭とするアイビー・リーグの名門大学だ。ここがアメリカの高等教育ピラミッドの頂点であるのは間違いない。
しかし、歴史的に見ると、アイビー各校は留学生など受け入れていなかったのである。
まして、私たちのような東洋に住むイエローは論外だった。

 なぜなら、アイビー各校はいわゆるWASP(ワスプ:ホワイト・アングロサクソン・プロテスタント)の師弟の高等教育機関として作られたからだ。
したがって、いくら成績がよくてもWASP以外は入学を拒否された。
第2次大戦以前は、アメリカ人でも、ユダヤ系はもとよりカトリック系の後発移民のイタリア系、スペイン系、ポルトガル系、それにポーランドなどの東欧系、ケネディ家を出したアイリッシュ系などの子供たちはほとんど入れなかった。

 しかも、アイビーリーグに入るためには、いわゆるプレップスクールの卒業生でなければならなかった。
これらの学校はみな私立の全寮制学校であり、ニューイングランド各地に点在している。
つまり、プレップからアイビーへの進学が、アメリカの旧世代の「エリートコース」だった。


9 :わいせつ部隊所属φ ★ 2013/06/05(水) 09:07:33.20 ID:???0


 アメリカを代表する名門プレップとして有名なのが、ヴァンダービルド家、モーガン家、メロン家などの師弟が通ったセント・ポールズ、フランクリン・ルーズベルトが卒業したグロトン、ブッシュ親子が卒業したフィリプス・アンドーヴァ、それにエクセターやチョート・ローズマリーなどだ。

ケネディ大統領は1930年のチョート(当時はローズマリーと合併していない)の卒業生だが、ようやくこの頃から、プレップもアイビーもWASP以外の子供を受け入れるようになった。

 つまり、この頃までのアメリカは、現在のような実力による学歴社会ではなく、人種、家柄による階級社会と学歴社会が並立していた。
この伝統は今でも残っていて、東部の名門一流大学に留学するなら、
こうした伝統の中に放り込まれることを意識すべきだ。

 私の娘もその友人たちも、当たり前だが、このようなWASPの子弟のインナーサークルからは相手にされなかった。
同じ学生として友人にはなれるが、それ以上の関係は難しい。
現在は多少は違っているだろうが、この壁が厳然と存在することを意識するのとしないのでは、留学生活は大きく変わってくると思う。

■ 第2次大戦後の新設大学設立ラッシュ

 では、なぜアメリカの学歴社会は変わったのか? 

 それは、第2次大戦以後、中流以下の人々の強い上昇志向が、教育の民主化、自由化を推し進めたからである。
つまり、「大学卒」というタイトルを人々が争って求めるようになり、新設大学が次々と作られたからだ。
その多くは州立大学や公立大学で、これらの大学はあらゆる階層の人々を受け入れ、
さらに、女性が大量に大学に進学するようになった。

 こうなると、アイビーなどの名門大学も、すべての階層に門戸を開き、高等教育競争(優秀な学生の獲得)に勝ち残る必要があった。

 ハーバードの例で言えば、1952年の入学者はその10%がプレップの卒業生だったが、1960年には入学者は、全米各地のパブリックスクール(公立高校)の卒業生に分散するようになった。
それとともに、入学の基準になるSATスコアも上昇した。


10 :わいせつ部隊所属φ ★ 2013/06/05(水) 09:07:47.29 ID:???0


 こうして、アメリカは現在のような実力による学歴社会に大きく変わったのである。
その結果、全世界から留学生が集まるようになった。私たち日本人も受け入れられるようになったわけだ。

 ただし、大学数が飛躍的に増えたために、高等教育のインフレ化が進んだ。

■ フィスクが暴露した高等教育のインフレ

 この高等教育のインフレ化を暴露したのが、今でもアメリカの大学進学のバ●ブルとして有名な『ザ・フィクス・ガイド』(The Fiske Guide to Colleges)だ。私も娘がハイスクールに入ったときから、この本を徹底的に読んだ。
そうして、アメリカの大学のランキングを知った。

 たとえば、公立大学でもUCバークレーはアイビークラスの一流名門大学であること。
校名に州立がつく州立大学のほとんどは、レベルが低いこと。
さらに、その校名に「北」Northとか「南」Southとかの方角がつけば、もっとレベルが落ちることなどだ。

 『ザ・フィスク・ガイド』は、1982年、当時『ニューヨーク・タイムズ』紙の教育担当記者だったエドワード・B・フィスクが、取材・調査によって初めて全米の大学を格付けした本である。
フィクスが採用した方式は、ホテルやレストランに使われていたミシュラン方式の「五つ星から一つ星まで」の格付け法だった。
つまり、彼は、それまで誰もが漠然と感じていたことを数値化してしまったのである。

 このとき、フィスクが「五つ星」をつけた主な大学は、アマースト、ウィリアムズなどのリベラルアーツの一流校、ハーバード、プリンストンなどのアイビー・リーグの一流校、それにスタンフォード、シカゴなどだった。
そして、「四つ星」にはボードウイン、ヴァンダービルトなどが入った。
ところが、「三つ星」をつける段になって、フィスクはあることに気がついた。
それは、学問・教育レベルから見て「三つ星」をつけられない大学が過半数に達しているということだった。


11 :わいせつ部隊所属φ ★ 2013/06/05(水) 09:07:53.41 ID:???0


■ 学歴で大きな差がつく初任給

 フィスクは、信念を持ったジャーナリストだった。だから、彼は自分の調査結果に基づき、「二つ星」「一つ星」大学を実名で公表した。
すると、「二つ星」「一つ星」がついた大学、たとえばタスキーギ大学、テンプル大学、オハイオ・ウェスレヤン大学などから、猛烈な抗議が来た。しかし、こうした抗議にひるまず、『ザ・フィスク・ガイド』は今でも刊行されている。

 1960年代の初め、アメリカの大学進学率は約10%だった。それが、半世紀後の今は50%を軽く超えている。
しかし、フィクスの格付けから見ると、今でも本当の進学率は10%と考えられる。

 なぜなら、50-10=40で40%の学生は、じつは大学とは呼べないフィスクの「三つ星」以下の大学に行っているからだ。
これが、高等教育のインフレ化現象である。

 だから、グローバルエリートを目指すなら、少なくとも「三ツ星」以上の大学を目指すべきだ。
当のアメリカでも「二つ星」以下の大学の卒業生は、就職やその後のビジネスキャリアでは大きなハンデがある。
同じ「大学卒」でも、学位を取った大学や大学院によって、収入が大きく変わってくるからだ。

 たとえば、4年制大学卒の平均初任給は、NACE(National Association of Colleges and Employer:全米大学経営者協会)の資料によると、一流大学卒と最下位大学では約2倍の開きがある。
これが、人気の大学院卒業資格であるMBAになると、ハーバードやMIT(マサチューセッツ工科大学)などの超一流大学MBAと州立大学MBAではもっと差が開く。

 ただし、アメリカで学歴が通用するのは、入社時のみだ。
その後は「成果主義」だから、名門一流大卒だろうと成果を上げなければ、州立大卒に追い越されてしまう可能性がある。
こうして、アメリカ社会では競争はずっと続く。

 ところが日本では、どんな大学を出ようと初任給に差はない。
これは、高等教育のレベルの違いを無意味化する悪しき平等主義と言えるだろう。

 ※6月12日(水)掲載の次回記事で、さらに詳しくアメリカの学歴社会を解説します


5 :名無しさん@13周年 2013/06/05(水) 09:07:10.12 ID:2fL9Y+7JP


アメリカは多民族共生国家


114 :名無しさん@13周年 2013/06/05(水) 09:27:02.49 ID:U633FAc90


>>5
と言いつつ学歴競争社会からドロップアウトした
低所得者という名の奴隷で成り立ってる国ですよね。


193 :名無しさん@13周年 2013/06/05(水) 09:39:14.41 ID:7vNrF5iF0


>>45
数学の入試問題は東大>>ハーヴァードで
米国名門大学はその他ボランティアとかが大きく考慮されるって聞いたことあるけど


814 :名無しさん@13周年 2013/06/05(水) 11:17:44.21 ID:01wANjTg0


>>12
だからそのボランティアとかの採用基準が厳しいんじゃないか?
ハーバードだと卒業生による面接があるとかきいたぞ。

数学の問題は東大の方が難しいのかもな。
まあ、それも日本の基準だけど。


62 :名無しさん@13周年 2013/06/05(水) 09:19:07.55 ID:rY4fsz6x0


>>21
>>28
程ほどに頑張る人が、それなりに幸せを手に入れるという当たり前の社会が理想じゃないか
今みたいに、一部の勝者しか生まないのはアメリカンドリームじゃなくて、アメリカンナイトメアだと思うよ


500 :名無しさん@13周年 2013/06/05(水) 10:24:10.46 ID:vraO/ToG0


>>28
ゲーム理論で競争するより協調する方が儲かる
もし競争が生存上優位なら国家どころか
兄弟間で殺し合う野生動物がヒトを駆逐してる


34 :名無しさん@13周年 2013/06/05(水) 09:14:24.07 ID:evbzJHpf0


なにを今更、こんなの昔からだよ。

学費が高いから金持ちかローン組めるヤツしか大学いけない。
大学卒業は大変、就職は超大変。
未経験者は採らないから、学生時代必死でインターンやバイトでキャリア積む。

金持ちは学費の心配はなし、キャリアもコネで積めるので優秀な成績で卒業。

貧乏人は大学入れても生活で一杯一杯でドロップアウト。


37 :名無しかな 2013/06/05(水) 09:14:54.08 ID:LuLcCLq40


大学教育の中身が違いますね。

学歴ではなく、何を学んだかが問われる。



139 :名無しさん@13周年 2013/06/05(水) 09:31:50.45 ID:P5wuJIu5O


>>111
日本の学校教育はそんなに悪くない。大学の研究レベルはアメリカの次くらいに高い。


44 :名無しさん@13周年 2013/06/05(水) 09:16:00.91 ID:+eKQediB0


アメリカだと、いい学歴や資格を持っている人には
それに見合った給料を払わないといけないから

高学歴を理由に不採用にされる場合が結構ある


55 :名無しさん@13周年 2013/06/05(水) 09:18:09.01 ID:gtyXr7j00


普通に常識じゃないか
アメリカに限らず欧米はそうだろ


60 :名無しさん@13周年 2013/06/05(水) 09:18:32.63 ID:l1lvIxCt0


それでも技術者・研修者が正当に評価される国だからそれで良いじゃん
日本の技術者使い捨て感覚の方が好かん('A`)


71 :名無しさん@13周年 2013/06/05(水) 09:21:04.58 ID:jOsi24lC0


>>60
こういう幻想はどこから来たのか
一握りが超優遇されて囲われてるだけで、残りは問答無用解雇だぞ
日本みたいなサラリーマン研究者がどれだけ恵まれて結果出してるのか知らないのか


129 :名無しさん@13周年 2013/06/05(水) 09:29:53.26 ID:DtGv0sAk0


>>86
ITが伸びなかったのはまた違う要素が問題だろ
アメリカが国総出で日本潰してきたとか
情報処理はものづくりじゃないって日本の感覚とか

おまえアメリカはジョブスやビル・ゲイツみたいなやつしかいないと思ってるんだろw


138 :名無しさん@13周年 2013/06/05(水) 09:31:36.25 ID:KURua2pZ0


>>86
国ごとに産業の成り立ちがあって、ある分野には強いってことがあるんだよ
アメリカの場合はITだけど、その他の分野はダメダメだから
ホント、アメリカはダメダメだよ
内需がでかいのと土地がバカでっかい農業国だからなんとかなってるだけ
先進国であれだけ人口がいるのもアメリカだけ
優秀な人が多く出ても人口比では別に他国に比べて秀でているわけでもない


104 :名無しさん@13周年 2013/06/05(水) 09:25:51.05 ID:Nx2wJCUi0


>>76
アメリカだってどこだって、努力なんて報われないよw
努力で報われると幻想を持つ、持たせることがキャピタリズムの本質
金が金を生む、すなわち持たざるものは持てないのが資本主義という現実
しかし貧乏人はいつも夢を見る、見させられる、それが資本主義


125 :名無しさん@13周年 2013/06/05(水) 09:29:14.46 ID:PdNRu+wz0


あんなデカい国が自前じゃなんにもできず世界中に取引を強要してること自体が無能の極み


154 :名無しさん@13周年 2013/06/05(水) 09:34:28.08 ID:xMypxZO30


白人コンプレックス丸出しの文章で笑ったw


165 :名無しさん@13周年 2013/06/05(水) 09:35:15.09 ID:T0WjwWrwP


日本みたいに高学歴でも新卒でなければ良い所へ入れない年齢制限が無いだけアメリカはマシ。


179 :名無しさん@13周年 2013/06/05(水) 09:36:56.19 ID:DtGv0sAk0


日本の大学教育は普通にレベル高いし結果出してるよ
ダメ出しされてるのは、国籍が偏り過ぎてるのと英語が通じないことがメイン
勉強したい奴はいくらでも極められるし、就職したい奴は手厚い支援制度がある
アメリカみたいに学費アホみたいに高くないし、向こうほどコネと学歴社会じゃない
正にお前らが望む環境だと思うんだが


230 :名無しさん@13周年 2013/06/05(水) 09:44:17.40 ID:DnRKeuJ90


>>196
http://www.guardian.co.uk/money/2013/apr/03/student-loan-debt-america-by-the-numbers
全米の学生ローンの借金の総額は、約1兆ドル!(債権者3700万人)
一時期、第二のサブプライムと言われていた

高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人 [ 勝間和代 ]

価格:777円
(2013/6/5 18:10時点)
感想(29件)





スポンサーサイト

・関連記事・

<< 前の記事 ホーム 次の記事 >>





 

area-E

広告募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。